日光アレルギー

日光アレルギーかもしれない?

暖かくなってくると薄着で外出することが増えますよね。
真夏に紫外線対策の日傘をさしている人は多いですが、涼しい日や曇っている日に日傘を
差している人はまだまだ少ないのが現状です。紫外線対策が必要なのは涼しいうちからです。

日光アレルギーの症状が出る人は、真夏日より前に表れることが多いようです。
腕や首に湿疹ができたり、赤く腫れたような感じはありませんか?
もしそうなら日光アレルギーかもしれません。



日光アレルギーは紫外線を浴びると腕や首に湿疹ができたり、赤く腫れたような症状が出るだけでなく
一度発症すると完治するのが難しいと言われています。
子供のころは外で遊んでいても全然痛くも痒くもならなかったのに、大人になってからは
少し外に出ただけで赤くなったりヒリヒリ痒くなったりしちゃう・・・。
日光アレルギーは大人になってから発祥することが多いようです。


いつの間にか発祥していることが多い日光アレルギー。
その症状と、効果的な対策を紹介していきます。


日光アレルギーとは?

紫外線には人それぞれに抗体量というものがあります。花粉症と同じように、この抗体量をオーバーすると
アレルギー症状が出てしまうというものです。
抗体量というバケツから溢れてしまうと発症してしまうのです。
また、アルコール性肝障害やC型肝炎、過度なダイエットが原因で発症するケースもあります。

あとは、ふだん服用している薬や化粧品、日焼け止めの成分が肌に合わないという理由で発症することも。

とくに日焼け止めは紫外線吸収剤が配合されています。日焼け止めは紫外線から肌を守りますが、紫外線を吸収して化学変化すると光毒性を持つことがあります。これでは本末転倒なので症状が軽いうちに専門医に相談してみましょう。

紫外線とは?

日光には紫外線が含まれていて、その紫外線がアレルギー原因になることがあります。
その紫外線が原因で発症するアレルギー症状を「日光アレルギー」もしくは「紫外線アレルギー」
といいます。

そもそも紫外線とは何者なのでしょうか?

日光(太陽光)には、「赤外線」と「可視光線」と「紫外線」があります。


・赤外線:温かさを感じる太陽光
・可視光線:目に見える太陽光
・紫外線:何も感じない太陽光


このなかで、紫外線はエネルギーが強く化学変化を起こしやすい性質があるものです。
そのため、日光を浴びると化学変化を起こしてアレルギー症状を起こしやすくなるのです。

人間の体は紫外線を浴びることでアレルゲンが作られます。アレルゲンとはアレルギー症状を
引き起こす原因となるもので、体はアレルゲンに対する抗体を作ることで体を守ろうとします。
しかし、抗体の限界を超えるまで紫外線を浴びると、突然アレルギー症状が出てしまいます。
花粉症が大人になってから発症することがほとんどである理由に似ています。
日光アレルギーがいつ発症するかは、体質や遺伝などの個人差がありますので一概には言えませんが
紫外線を極力浴びないことで発症を遅らせることはできるでしょう。

日光アレルギーの原因である紫外線は、皮膚や目に有害で皮膚がんや肌のシワやたるみの原因にもなります。

具体的な症状

日光アレルギーは、一般的に日差しに当たった部分に症状が表れることが多いようです。
また、頭痛などの目に見えない症状も表れます。そして紫外線は目への影響が大きいので
目に違和感があれば日光アレルギー症状を疑ったほうがいいかもしれません。


具体的な症状は

・肌の症状
 赤く腫れる
 湿疹ができる
 かゆみが出る
 じんましんが出る
 水ぶくれになる

・目の症状
 充血する
 涙が出る
 ゴロゴロした異物感がある

・その他の症状
 頭痛
 発熱
 吐き気

日光アレルギーは日焼け止めが原因?

日光アレルギーが起こる原因のひとつに日焼け止めがあります。
紫外線から肌を守る日焼け止めが日光アレルギーの原因になるなんて本末転倒ですが、
塗った日焼け止めが紫外線を吸収して肌が敏感になったことで発症します。
日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤が原因のようです。この成分は紫外線を吸収する物質で
肌を守りますが、その紫外線を化学変化すると光毒性を持ち、アレルギーを引き起こすことが
あるようです。

日光アレルギーの検査方法

「光線過敏症テスト」という検査方法を聞いたことがありますか?
日光アレルギーの検査方法なのですが、大学病院や皮膚科で行なっている日光アレルギーの
検査方法です。

日光を浴びて肌が赤くなったり湿疹が出たら、早めに検査してみましょう。とくに数日経ってから
日光を浴びたところだけ湿疹やブツブツができていたら高い確率で日光アレルギーでしょう。

では、どんな検査をするかというと

@背中などの皮膚にUVA光線、UVB光線という光を当てます。
Aこれを当てて異常が出たら血液検査やパッチテストを行います。
B皮膚のかゆみや赤みには塗り薬が処方されます。

※ステロイドが入っている薬は、塗っているときは良くなりますが、根本的な解決ではありません。

日光アレルギーの対処方法

日光アレルギーは紫外線対策が基本です。紫外線を過剰に浴びすぎないように予防、対策を
心掛けましょう。


@肌にあった日焼け止めを使う
日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」が使用されています。
そして「紫外線吸収剤」を使っている日焼け止めは、肌への負担が大きく、肌荒れを起こしやすいのです。
「紫外線吸収剤」を使っていない日焼け止めを選ぶ際は、「紫外線吸収剤・不使用」、「ノンケミカル」
と表示されていることを確認してから購入しましょう。

※「紫外線吸収剤」とは吸収した紫外線を、熱などのエネルギーに変換して放出する成分。紫外線を肌に透過させないため、UV効果は高いが、肌への負担も大きい。
※「紫外線散乱剤」とは紫外線を肌表面で反射・散乱させる成分。紫外線を吸収しないので、化学反応を起こさないため、肌への負担が少ない。


日焼け止めを塗っても、ムラがあったり、衣服などでの摩擦で落ちてしまうと効果が半減します。
2,3時間おきに少量を塗り直すようにしましょう。


A日傘や帽子、長袖の服を利用する
夏の暑い日にはどうしても肌の露出が多くなりがちですよね。極力肌の露出を避けるように
薄手の衣類を準備しましょう。
そして日傘も必需品です。日傘は直射日光を遮る最大の武器です。UVカットに優れた日傘が
たくさんあります。お気に入りの日傘を見つけてお出かけを楽しみましょう。
数年前に黒の日傘が流行しましたが、実際には遮光加工されているかどうかがポイントです。
日傘の色ではなく紫外線カットの効果で選ぶようにしましょう。

帽子はつばの部分が7センチ以上のものは日よけ効果が期待できます。帽子は紫外線が直接顔に
当たらないように広めのつばの帽子を選びましょう。


B正午前後の外出は控える
紫外線の強い時間帯は午前10時から午後2時です。なるべく外出を控えることが一番の
日光アレルギー対策ですが、室内にいても油断できません。窓から入り込んでくる日差しは
やはり紫外線が多く含まれています。UVカットのカーテンやUVカットの窓ガラスフィルムが
あるので活用してみましょう。

3月から10月が1年のなかで最も太陽の高度が高い時期です。この時期は生活リズムを調整することが大切です。




C食事・睡眠・ストレスのコントロールで、免疫力の高い身体を作る
日光アレルギーに関わらず免疫力の強い体を作ることでアレルギーを軽減することができる
と言われています。免疫力の高い体は生活習慣の積み重ねで作ることができます。
特に食事・睡眠・ストレスは免疫力に大きく影響します。


・食事
食事は体を作る源です。主食である炭水化物、緑黄赤のビタミン豊富な
野菜、魚・肉・卵・豆類などのタンパク質をバランスよく摂ることを心がけましょう。
「抗酸化作用」の高い食品はアレルギー体質の改善に効果があるといわれています。
「抗酸化作用」のある食品は以下のようなビタミンC、ビタミンE、βカロチンが含まれる食品です。

ビタミンC : 緑黄色野菜、ミカン、レモン、イチゴなど
ビタミンE : 玄米、ごま、大豆など
βカロチン : 緑黄色野菜など

食事を見直すことで体質改善を行い、日光アレルギー対策に取り組みましょう。


・睡眠、ストレス
睡眠不足はストレスの原因です。体の免疫力を高めてストレスを溜めないことが
紫外線アレルギー対策になります。しっかりと睡眠を摂って体質改善を目指しましょう。

日光アレルギーじゃなくて「赤ら顔」では?

日光アレルギーだと思っていた私の友達が、じつは「赤ら顔」だったということがありました。

日光アレルギーと赤ら顔は初期症状がとても似ているので間違えてしまうことが多いようです。
具体的には頬、鼻、顎などの顔全体が赤くなる症状で日光アレルギーと誤解してしまいます。

この症状なら「赤ら顔」の可能性もあります。

顔の赤みへアプローチ【白漢しろ彩】

赤ら顔の症状は?

赤ら顔の症状は日光アレルギーよりも症状は軽いです。
具体的には

・頬、鼻、アゴがいつも赤い
・メイクしても隠れない
・暑くもないのに顔が赤い
・皮膚が薄くて毛細血管が透けて見える
・ニキビあとの赤み
・顔だけ赤い

というもの。

日光アレルギーを疑っている人は、赤ら顔も疑ってみたほうがよさそうです。

私の友達はこの化粧水で良くなったみたいですよ。


 

サイトマップ